サラ金から逃げる事を決意

ギャンブルで借金が嵩み最終的にはサラ金にまで手を出しました。サラ金とはいっても最初は合法の所からでしたが最終的には非合法の闇金に借りる事になってしまいました。
サラ金の利息が嵩んで行くので仕方が無く縋りついたので10日で一割の暴利な利息を取り立てられるはめになり、最終的には逃げる事を決断しました。都会から離れて誰も知らない土地に取りあえずは身を隠しましたが、もう誰にも連絡は出来ませんし病院に行きたくても保健相は使えません。
一番困るのは住民票が無いのでどこにも就職が出来ない事です。公衆電話で一度だけ母親に連絡をしましたが草の根分けてサラ金業者が私を探しているとの事で、親戚や元働いて居た所にも多大な迷惑を掛けて居る様子です。いつになったら帰れるかとも思いますが暫くは身を隠して居ようと思って居ます。誰も知らない土地で日雇いで暮らす毎日ですが身分証の提示を求められる時がいつ来るかとびくびくしながら暮らして居ます。いつかは潜伏先もバレルとは思いますが、多分その時は利息も増えて居ると思い気が重くなります。いつか向き合わなければならない事から逃げている自分に自己嫌悪を感じながら生きてだけいます。知り合いも居ない土地でただ寝て食べるだけの毎日です
休日はじっくり、お金を増やす事を考える!
以前、お金についてのインタビューをした時に、貯めたお金を殖やすための行動をおこさない人の理由で一番多かったのがこの答えです。確かに大切なお金が殖えるのはうれしいけれど、少しでも減るのはイヤですよね。その他、次のような答えがありました。思い当たるのはいくつ (続きを読む)