旦那の借金で初めての債務整理

旦那は競馬好きでしょっちゅう競馬場へ行ったり自宅でも中継を見ているような人でした。ただそんなに金額を使っているわけでもないとのことでしたから、息抜き程度なら、と思ってうるさく言うことはなかったのです。ところがある時に見付けたのが消費者金融からの督促状。
それを見た時にはびっくりしましたし、すぐに旦那にどの程度の金額があるのかと問いただしてみたのです。すると何百万円という借金があるというではないですか。我が家は家計的にも余裕がある方ではありませんでしたので到底返済をすることができない金額であり、私も旦那も貯金と呼べるものも殆どない状態でしたので、借金の現実を知った時には人生の終わりを感じました。もちろん借金についてかなりきつく旦那も責めましたし、その時の気持ちとしては最悪だったのは言うまでもありません
離婚も真剣に考えたこともあったのですが、ただ今更離婚をするのもという気持ちもあり、何とか踏みとどまっていたという状態でした。
でもそんな危機的な状況からも何とか救われることができたのです。
そのきっかけは債務整理であり、借金の免責とはいかなかったものの利息分を免除してもらうことができ、今も地道に返済を続ける日々です。
困窮者を支援「フードバンク」 倉敷のセンター、独自に食料提供: 山陽 ... - 山陽新聞 (会員登録)
困窮者を支援「フードバンク」 倉敷のセンター、独自に食料提供: 山陽 ...山陽新聞 (会員登録)倉敷市の生活自立相談支援センターが、暮らしに困っている人に食料を支援する「フードバンク活動」に取り組んでいる。もともと就労や債務整理などの相談支援に応じる機関 ...and more »(続きを読む)